建売住宅で気にした方がいいのは「エアコンの位置」

PR|建て替えの間取りのご相談は豊田市の工務店|

母の実家は大阪にあり、どうやら地元では有名な名家だっただったらしく、たくさんの土地や家屋を所有していたそうです。そんな母はゴミ屋敷の回収業者の事業をする父との結婚のことで、祖父母ともめて家出同然で上京し、エステ機器などの販売をする会社で働いていたそうです。 そんな母が過日に病で亡くなってしまい、わたしたち家族の住む倉敷市のお墓だけでなく、本人の希望により地元大阪での海洋散骨をしました。遺骨はとても丁寧に洗っていただきました。その際に母の実家として聞かされていた宇都宮市にある注文住宅の住所も訪ねてみました。絶縁していたそうなので行こうかどうか迷ったのですが、立派な門扉の邸宅でしたがその大阪の家はリノベーションハウスとして現在売り出し中となっていました。

ところで町田市のリフォーム済中古分譲住宅や建売住宅のなかには、リビング階段を採用している物件も多いものです。リビング階段は階段をリビングルームにつくることによって、階段スペースの節約&リビングルームを広げる効果があり、とくに小さめの土地に建てられた建売住宅では、よく採用されていたりする造りでしょう。

なぜなら、階段スペースを省略することでリビングルームを広げられて、空間を広く使う効果があるからです。愛知県の遺品整理業者が告知しているように、その方法は限られた土地を最大限に有効活用できるため、リビング階段は最近ではよく用いられている印象ですね。

ただし、注意は必要です。その注意とはなにかと言われたら「エアコンの位置」です。もしくは「暖房器具の位置」ですね。リビング階段は吹き抜けとセットで作られている傾向がありますが、吹き抜けは暖房の通り道になるのですよね。

とくに冬に必要な「温かい空気」は上へ上へと上昇し、ファンの回転だけでは一階部分を温めるのは追いつかない場合もあります。ですから、リビング階段&吹き抜けのある建売住宅に関してはとくに、「暖房の位置」を確認した方がいいでしょう。

暖気を上へ上へと逃しやすそうな住宅は、冬場に辛い思いをしますので、「空気の流れ」「空調について」は建売住宅を販売する会社にしつこいぐらいに確認をしておきましょう。

<PR>|英語上達の秘訣|生命保険の選び方|健康マニアによる無病ライフ|英語上達の秘訣|住宅リフォーム総合情報|工務店向け集客ノウハウ|マッサージのリアル口コミ.com||お家の見直ししま専科|