埼玉・千葉の住みたい街について

広島郊外の建売住宅育ちの私は分からなかったのですが、埼玉・千葉で家探しをするときには、大事なことがあります。それは、東京に直接出る沿線かどうかで、相場がかなり違ってきます。

例えば、千葉方面であれば、総武線や常磐線は直接東京に出られるので、東京に近ければ近いほど、高くなります。離れれば離れるほど、安くなります。

また、途中駅で乗り換えて違う鉄道会社に乗らなければならなくなると、さらに、相場は落ちてきます。

例えば、JR総武線船橋駅より、乗り換えられる東武野田線(現東武アーバンライン)沿線になると、さらに相場は下がってきます。

離れれば離れるほど、相場は安くなりますが、土地や部屋の面積は広くなってきます。

今は、どこの町でも、最低限の生活を送れるお店は沢山あります。ようは、ご自身がどこまで我慢できないか、我慢できるのかで住める街が変わってくると思います。

駅から近いところであれば、電車の音がうるさかったり、繁華街が近いので、人がうるさかったり。

離れれば、静かな環境になりますが、住宅街になってしまうので、店等はないので、移動時間がかかったりします。

自分の価値観をしっかり持って家選びは慎重にしていただきたいと思います。

PR|建売住宅でも設備は問題ない|